FC2ブログ

XnView


イラストなどのデータは印刷する以外にもデータとしての利用も多いもの。

ただ、ソフトによって利用できる形式はいろいろです。

例えばMicrosoft OfficeならEMFやWMF、あるいはPNGやJPEGを使用するでしょう。しかし例えば私がよく使うTeXなんかではepsファイルのほうが使いやすいでしょう。

もちろん、IllustratorやPhotoshop、あるいはInkscapeやGIMPを使えばいろいろな画像ファイルを開いて別形式で保存することで様々な形式に変換できます。

しかし…ただファイル形式の変換のためだけで起動するにはそれらのソフトは重すぎます。

また、多数のファイルを特定の形式に変換するなどは面倒な作業です。

そういうときに便利なのがXnViewです。

XnViewは普通の画像変換ソフトと異なり、ラスター画像以外にもSVGやEPS、Illustratorの独自形式であるaiなど豊富なベクトル画像にも対応します。また、画像の一括変換も出来るので非常に便利です。

もちろんラスター画像も読み込み/書き込みともにかなりマイナーな形式まで対応しますから、単なるラスター画像変換の用途にも十分です。

変換したい形式によっていくつもの画像変換ソフトを使っているかたも試してみる価値はあると思います。

スポンサーサイト



EMF・WMF

拡張子が.emfとか.wmfなどとなっているイラストファイルを見たことがありますか?

「WMF」というのは「Windows Meta File」の略で、「EMF」は「Enhanced Meta File」の略です。
ベクトル画像のファイル形式に分類されますが、なにぶんにも古いことと、一部セキュリティー的な問題点なども指摘されているためあまりメジャーではありません。
が、Microsoft社が策定に関わっている都合上、Microsoft Officeとの相性が非常に良いのです。
実際、デフォルトのMicrosoft Officeで読み込み可能なベクトル画像形式はほぼWMFとEMFのみ(のはず)です。
だからせっかくベクトルデータでイラストを作ったのなら、Wordなどでは是非ともEMF形式などに書き出して貼り付けてみてください。

Illustratorの「Microsoft Office用に保存」はラスタライズしてPNG形式にしてしまうので、印刷用のWordファイルには荒すぎる画像になったり、逆に解像度の高いPNG画像に書き出して貼り込むとWordファイル自体のファイルサイズが大きくなりすぎます。
もちろん使うとき毎に適切なサイズに書き出し直すのも解決策の一つですが、それならEMFファイルに一回書き出しておくだけのほうが楽ちんです。

ちなみにWordに標準で入っているアートワークなどはEMFやWMFなどのファイルのようです。

ふち付き文字

「ふち付き文字」あるいは「ふち文字」であってるのかは知りませんが、
こんなロゴを見たことはありませんか?

fuchi00

このロゴの文字のように、文字通り「ふち」のついた「文字」の事です。
ふちの付け方次第でただの「文字」がお手軽に「ロゴ」や「タイトル」っぽくなる手法です。

ただ、ロゴやタイトル制作以外でも、文字の可読性の向上等にも役立ちます。

今回はIllustratorでふち文字を作ってみたいと思います。

fuchi_green00

上はIllustratorで新規作成(Ctrl+N)から「新規ドキュメントプロファイル」を「Web」にして後はデフォルトのまま作成しました。(アートボードのサイズは横800(px)縦600(px))適当な画像をアートボードの上下左右中央に整列して写真が足りなかった部分は800(px)×600(px)の長方形を最背面に入れてうめました。

では、早速適当に文字を入れて場所を決めます。
フォントなんかもこのときに決めてしまいましょう。

fuchi_green01

Illustratorのデフォルトでは文字ツールを選択するとカラーパネルの設定が自動的に塗りを黒、線をなしになりますから上のようになります。
確かに一般的に文字は黒の方が読みやすいですが雰囲気がちょっと合わないので上下の緑色のバーと同じ色にしてみましょうか....

fuchi_green02

はい、まぁ、その....案の定というかなんというか....
雰囲気は崩していませんが完全につぶれて、読めなくもないですが非常に読みにくくなってしまいました。
そこで、ふちをつけましょう。文字の色合いと同じ系統の暗めの色を、文字の線に設定します。

fuchi_green03

確かに読みやすくはなりましたが、「Green」という文字を目立たせるには足りませんねぇ。
また、このように細い線だとわかりにくいですが、単に線を付けただけだとフォントが崩れてしまう事もあり、よろしくありません。

そこで、強調するために線をもう少し太くしたいところですがその前に。
今作成したテキストオブジェクトを選択して、「書式」メニューから「アウトラインの作成」をクリック(またはCtrl+Shift+O)します。

そして線パネルの「線を外側にそろえる」をクリックします。これで、フォントの外側に線がつくようになります。

fuchi_green04

さて、線の太さを太くしてみましょう。
下は5ptくらいにしてみました。

fuchi_green05

ここまできて今更ながら気づきましたが私が使ったフォントは筆記体なので「e」同士と、「e」と「n」間とはつながって見えるようになっています。アウトラインを作成するときは文字ごとにアウトライン化されたためつながっているはずの線がつながっていません.....orz

これだから素人のアレンジはよくないですね。以前にプロの方から教えてもらった方法ならこんな事はありませんでした。その方法については追記をご参照ください。

修正しましょう。文字のオブジェクトをダブルクリックしてグループ編集モードに入ります。
「een」の部分を選択してパスファインダで「合体」をクリックして、合体します。すると境目が無くなり、ちゃんとつながります。

fuchi_green06

適当に何もないところをダブルクリックしてグループ編集モードから出ます。
さて、全体を眺めてみていかがですか?

fuchi_green07

個人的に、使った写真が明るい写真なので文字周辺が暗い感じになったように思うのでふちを二重にして修正してみます。

一旦、線パネルで濃い緑のふちの太さを3ptにします。そして、アピアランスパネルから「新規線を追加」をクリックします。
アピアランスパネル内の追加された「線:」の右側の四角形をクリックしてやるとスウォッチパネルと似たようなのが出てくるのでそこで白を選択します。
また、「線:」自体をクリックしてやると線パネルと似たようなのが出てくるので、こちらでは「線幅」を5pt、「線を外側に揃える」をクリックします。
最後に、今追加して設定したアピアランスを、レイヤーパネルでオブジェクトの順序を入れ替える要領でアピアランスの順序を入れ替えて下のようにします。

fuchi_green08

最後に「Webおよびデバイス用に保存」をすれば完了です。


fuchi_green09


続きを読む

プロフィール

f(t)=k

Author:f(t)=k
ベクトル画像をもっと世に広めたい一般人その1

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR