FC2ブログ

NVIDIA Quadro 410


……ホク…ホク……(^^)……


…こんばんは。
タイトルの、
NVIDIA Quadro 410という、
グラフィックボード(ビデオカード)を、

…買ってしまいました…


PhotoshopやPremiere ProなどのAdobe製画像・動画処理ソフトでは(だいたいCS5前後から)NVIDIA社の提供するグラフィックボード(GPU)によるハードウェアアクセラレーションを導入しています。
つまり、NVIDIA社製のチップを使用したグラボを適切に導入すればPhotoshopが軽くなる!
のです。

ちなみに言うとNVIDIA社のGPUにはゲーム向けのGeForceと画像処理など向けのQuadroの二つのシリーズが(おおざっぱにいって)ありますが、今回購入したのはQuadroシリーズのほう。GeForceの方が安いのもたくさん出てるけど、Quadroにこだわって買ってみました。

使ってみた感じはPhotoshopは…じつはわかりにくかった。PixelBenderとかの「ハードウェア使ってます!」が売りのフィルターをかけてみたらよかったのかもしれませんが、いろんなソフトを試してみる関係上まだそこまで試してません。
でもでも!Photoshopの「回転ビューツール」は一般的なオンボードグラフィックでは利用不能なのですが、OpenGL対応のグラフィックボードを導入することで利用することができます。
もちろんQuadro410を導入したらつかえました!ペンタブは持ってないですが、ペンタブなどで作業するときは(大きくていいペンタブほど)ペンタブそのものを回転させるわけにはいかないですから便利だと思います。

このブログでは出てこないですが、AfterEffects(AE)・Premiere Pro(Pr)での処理の高速化は目覚ましいものです!
正確にベンチマークしたわけではありませんがAEのメモリプレビューがフレームを読み込むまでの時間や、エフェクトの反映の素早さが体感でわかります。

意外に心配だったのが「買ってみたけど正直速くなったかわからない」というオチです。
しかし心配は取り越し苦労でした。
Blenderという、フリーの3DCGソフトウェアでCyclesというレンダリングエンジンはもろにGPU、それもNVIDIAのCUDAを利用して処理の高速化ができるのでもともとのCPUによるレンダリングとQuadro410によるレンダリング時間を比較してみました。

CPU
GPU


ごちゃごちゃしてるスクリーンショットですが、大事なのは赤線部分。
CPU … 11:23.82
GPU … 06:07.08
Timeというのがレンダリング(画像化処理)にかかった時間です。ちなみにマテリアル設定などはまったく同じで、細かいことを言うとメモリの制限からGPUのほうはタイルサイズを80x80にして16分割して計算していますが、それ以外はまったく同じです。まぁ少し大げさかもしれませんが「倍」といっていいでしょう。

Quadro 410はいちおう2013/2/1現在、最新のコードネームKeplerのコアを搭載していますが、同じ世代の製品としては最も廉価版に位置する製品です。なのでお金とPC内のスロットに余裕のある場合はGeForce GTX 650やQuadro 2000なんかもいいかもしれませんね。
Quadroはスペックを上げると値段の上がり方が尋常ではないので、Quadro 410以上のものを考えるなら現実的にはGeForceになるでしょうし、個人的にはロープロファイルの制限がありますが、ZOTACなどではGTX 650のロープロファイル版もあるんですね。

今晩はいつも通りまとまりませんがここまでで。
スポンサーサイト



プロフィール

f(t)=k

Author:f(t)=k
ベクトル画像をもっと世に広めたい一般人その1

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR